近年の医療機関の電子機器類の導入の実態について

導入する機材はしっかり安全なものを選ぼう

電子機器類の導入

見積や型落ちを狙う

顕微鏡や電子カルテを導入する時に工夫することで得られるメリットは、価格を抑えることができます。現在、医療機器を取り扱っている企業やメーカーは国内企業だけでなく、外資系企業も参入が増えているので、見積もりなどがしやすい環境が整っているので、価格の比較が行いやすくなっています。これにより価格を抑えることができます。また、最近では、顕微鏡の電子カルテの技術進歩が早く、それに対応した機器の移り変わるのサイクルも早くなっています。これにより、一つ型落ちするだけで価格が安くなる傾向があります。機能的には全く問題がないので、型落ちを購入することで価格を抑えることができます。企業も在庫を処分することができるため、より値引きを行うことも可能です。

現在の取り組みやトレンド

現在の取り組みやトレンドは、顕微鏡や電子カルテのデータをネットワークで繋ぐことで情報処理を円滑に行われたり、患者自身が顕微鏡や電子カルテのデータを収集できるなどのサービスが行われています。大学病院や総合病院などの医療機関では、積極的に導入しており、これまでの医療機器メーカーや医療関連企業だけでなく、IT企業などの異業種からの参入が相次いでいます。この傾向は今後も続く傾向があり、技術の発展に寄与しています。最近では、医療機関内での発行だけでなく、家にいながらでも医療機関を受診後の顕微鏡や電子カルテのデータを入手できたり、家から掛かり付けの医師にデータを送ることができる技術が一部の医療機関などですでに導入されています。

  • 歯をきれいにする

    歯は、人の印象を決めるとても大切なものです。その歯をきれいにするための機器を提供しているのがセレックです。医療機器があることで、きれいな歯の実現が出来ています。

    詳しく読む

  • 注意点

    ディスペンサーを導入する場合は、使用する液体にマッチしているかどうか確認することが大切です。マッチしないと、品質にも影響するので注意が必要です。また、ディスペンサーの汎用性があるかどうかも注意しておきたいポイントです。

    詳しく読む

  • 加工をする

    トムソン加工という立体抜型を使った加工方法があります。それによって工事の期間が短くなることがあります。その他にも様々なメリットがあるので、そのメリットについて知っておきましょう。

    詳しく読む